ニオイについてイメージ画像
HOME > ニオイについて

ニオイについて

ウェバー・フェヒナーの法則とニオイ

ウェーバーフェヒナーの法則説明グラフ

グラフの立ち上がるところが検知閾値(けんちいきち)と言い、ニオイの量がこの値となって
人がそのニオイを感じることが出来ます。

上のグラフのようにニオイの量が増えるとグラフは横に寝てきます。
これは、ある程度のニオイの量になるとニオイの量が増えても、
さほど人間にとって、ニオイの強さの変化を感じないということを表します。

これを脱臭としてと考えた場合、『ニオイの量をかなり減らさないとその効果を感じられない』
ということになります。

このようなニオイの物質量と感覚量の関係は、ウェーバー・フェヒナーの法則に従うとして
臭気の世界では有名な法則となっています。


簡単な例えをあげると、
ニオイの物質を97%除去しても人の感覚としては2分の1程度になったと感じるくらいです。
ニオイの物質を99%除去すると、3分の1くらいに臭気が減ったと感じます。

そのため、人の感覚として4分の1くらいまでの脱臭効果を感じたい場合には、
99.9%のニオイ物質の除去が必要となります。
すなわち、ニオイ物質の量を1000分の1にしないといけません。

また、ニオイの問題は色々な臭気成分が混ざった複合臭として存在する場合が多いので、
1種類の脱臭方法ではなく、状況により数種類の脱臭方法を組み合わせて
効率よく脱臭することが必要となってきます。




検知閾値(けんちいきち)

人間の鼻がニオイを感じ始めるニオイの物質量を検知閾値と言います。
人は太古から得てきた防衛能力のためか、火事などの焦げのニオイや
腐敗した食べ物のニオイには、特に敏感にニオイを感じることが出来ます。

検知閾値の例をあげると、
焦げの成分に多く含まれるアセトアルデヒドは、0.002ppm、
腐敗臭の代表的な成分である硫化水素は0.0005ppmとなっています。

ppmは100万分の1の割合のことですから、一辺が1mの立方体の無臭空間のなかに
一辺が1mmの立方体にも満たない量の物質割合で臭気を感じることがあります。

また、アロマテラピーが実証するように、ニオイが人間の脳に与える影響は
意外と大きいものです。

癒しのニオイなら良いですが、逆に悪臭となるとストレスを与え
集中力などの欠如を引き起こしたり、イライラとした感覚になりやすいです。


そのため、脱臭計画を立てる際には、その脱臭エリアの使用目的に応じて
脱臭レベルを決める必要がでてきます。




ライン画像

▲ページトップに戻る