カビ臭対策イメージ画像
HOME > 【事例】水漏れによるカビ臭対策

【事例】カビ臭対策

漏水カビ対策画像1 漏水によるカビ臭対策

公営住宅の5階でおこった漏水が
2階まで影響していた現場


作業日数:2日間
脱臭方法:
マイクロミスト噴霧による除菌
オゾンガス薫蒸による空中浮遊菌の殺菌
防カビ剤散布及び刷毛塗り


作業工程概略

1
カビ汚染場所の床クロス撤去

bQ
和室の床の下地材を全て外し、脱衣場および廊下の床は一部分を外す

bR
エタノール入り殺菌剤を散布

bS
床下に超微細粒子噴霧にて殺菌剤を充満させ殺菌

bT
オゾンガス薫蒸殺菌により、浮遊菌の殺菌および臭気の分解

bU
防カビ剤散布および塗布

bV
簡易真菌検査キットにて殺菌の効果確認

除菌・防カビ作業の状況


床クロス撤去クロス下の床材
カビ汚染床クロス撤去画像カビ汚染クロス下床材画像
コンプレッサーによる除菌剤散布微細噴霧機による除菌剤噴霧
コンプレッサーによる除菌剤散布画像防カビ剤散布画像
オゾンガス薫蒸による浮遊菌殺菌・臭気除去防カビ剤散布および刷毛塗り
オゾンガス薫蒸による浮遊菌殺菌・消臭画像防カビ剤散布及び刷毛塗り画像


脱臭作業を終えて

漏水によりカビが発生し、居住者の方が健康を害されていました。

カビ臭さを感じた場合、空気中にはかなりのカビの胞子が浮遊していますので、
アレルギーや気管支炎のような症状となり健康を害すことがあります。
そのため、出来るだけ早く的確にカビ対策をする必要があります。

また、汚染された場所全てに除菌剤が直接散布出来ない場合には、
マイクロ噴霧機による霧化した除菌剤を隙間に充満させたり、
オゾンガス薫蒸をして空中浮遊菌の低減を図ります。

除菌剤や防カビ剤の利用は、施工場所の条件により数種類ある中から選定します。
使用方法を工夫することで、出来るだけ確かな除菌ができるように作業を組み立てます。

そして、今回は簡易分析による菌数検査も実施しました。
当社では空中浮遊菌数の調査や、菌の同定検査まで分析ができる体制をとっていますので、
ご依頼者様はもとより、居住者の方にも安心して頂けました。


ライン画像

▲ページトップに戻る